絶対やっちゃ駄目!ニキビができやすい習慣!

絶対やっちゃ駄目!ニキビができやすい習慣!

絶対やっちゃ駄目!ニキビができやすい習慣!

お肌が美しいと毎日の気分が違います。肌が艶々すべすべだと一日とてもいい気分でいられるのです。

 

 

それを邪魔するのがニキビですね。ニキビは肌荒れの代表格で、これがある限りお肌の美しさは損なわれます。このニキビの原因は何なのでしょうか?それはもしかしたら「ニキビができる習慣」をあなたが行っているせいかもしれません。ニキビができてしまうことを防ぐために、絶対にやっちゃ駄目なニキビができやすい習慣をご紹介します。

 

 

ニキビができる習慣の一つが「メイクが落ちやすい」洗顔料を使っていることです。実はこのメイクが落ちやすい洗顔料には界面活性剤を使用していることが多く、これは水分を奪い肌を乾燥させるのです。そうなると肌が必要な皮脂を取り戻そうと暴走して勝手に皮脂分泌を行います。これにより肌がさらにテカテカになってしまってニキビができやすくなるのです。洗浄力が強すぎる洗顔は使わないように洗顔選びにお気をつけください。それから毎日間食に脂っぽいものを食べている人もその習慣はいけません。チョコレートやケーキ、スナックなどを食べている人はニキビができやすくなります。

 

 

脂っぽいものを食べると皮脂分泌が活発になって、これが原因でニキビになるのです。間食に心当たりがあるならなるべく我慢しましょう。それから意外に盲点なのは枕です。寝ている間に人は汗をかいて、枕やシーツに染み込みます。つまりここには菌がうじゃうじゃしているのです。これをずっと使っていると勿論ニキビの原因になります。

 

 

枕カバーがシーツを洗わない人はこれが原因の習慣になっています。せっかく汚れを落としても寝ているときに汚れが顔に付着してニキビができてしまうのです。枕カバーやシーツは週に1度は洗うことをオススメします。最後に一番まずいのがいつも夜遅くまで寝ないことです。毎日寝不足になるまで起きていることはニキビの原因習慣です。睡眠はストレスにもなりますし、これがニキビの原因になります。いつも夜遅くまで起きていて睡眠不足な生活を続けている人はニキビができます。この習慣は早めに直しましょうね。