紫外線は肌の老化を早め、シミやシワ、たるみの原因に

紫外線は肌の老化を早め、シミやシワ、たるみの原因に

紫外線は肌の老化を早め、シミやシワ、たるみの原因に

紫外線は春夏の日差しが強い時期だけではなく、一年中降り注いでいます。

 

ちょっとした外出だから、冬だし曇っているから、といった油断が命取りになります。紫外線にさらされている肌には、ダメージが日々蓄積されていくのです。紫外線は肌の老化を早めます。肌の奥の層まで到達し、コラーゲンを傷つけます。すぐ目に見える日焼けだけではなく、シミやシワ、たるみの原因になってしまうのです。

 

美肌を保つためには紫外線対策が必須ということです。ではどのような日焼け止めを使えばいいのか。SPF値やPA値が高いものはアウトドアなど長時間外出する際に、低いものはちょっとした買い物や日常的に、といったように使い分けるのがおすすめです。なぜかというと、SPF値やPA値が高かったり、ウォータープルーフ仕様になっていたりする日焼け止めは、肌への負担が大きいのです。季節ではなく生活シーンごとで使い分けるというのもポイントです。また、紫外線吸収剤という成分が使われている日焼け止めも、肌に負担になる可能性があります。

 

スプレーやジェルタイプのものに多いようです。気になる場合は、「ノンケミカル」や「紫外線吸収剤不使用」などの表示があるものを選びましょう。塗り方にも注意が必要です。日焼け止めは塗る量が少ないと効果が減ってしまいます。ですが、多くの人が基準値の約四分の一しか塗布していないといわれています。これでは表示されているSPF値やPA値どおりの効果は得られません。べたつきが気になるからといって、ちょっとずつしか塗らないようでは、確実な紫外線対策にはならないのです。また、朝塗ったからといって塗りなおさないのはよくありません。

 

特にアウトドアのときは、こまめな塗り直しを心がけてください。化粧が崩れていたら、日焼け止めも落ちているかもしれません。より確実に紫外線を防ぐためには日焼け止めを塗った上から、パウダーファンデーションを使用するのがおすすめです。日焼け止め効果をうたったものではなくても、パウダーファンデーションには紫外線を跳ね返す効果があるといわれています。肌に合った日焼け止めを選んで、しっかりと紫外線対策をして、美肌を保ちましょう。